寄付をする

follow us

寄付をする

虹色ダイバーシティへのご寄付は
税控除の対象になります

虹色ダイバーシティは、大阪市より指定(大阪市指令市民 NPO第19006号 令和2年2月28日)を受けた認定NPO法人です。認定NPO法人へのご寄付は、税控除の対象となります。

個人の皆様からのご寄付の例

年間12,000円の寄付をすると…

・(12,000-2,000)×0.4(国税分 40%) = 4,000円
・(12,000-2,000)×0.1(地方税分最大 10%) = 1,000円

4,000円 + 1,000円 =

最大

5,000 円が戻ってきます。

※地方税も寄付金控除の対象となりますが、控除割合は各自治体によって異なります。
※上記は「税額控除」形式ですが、人により「所得控除」形式のほうが有利である場合もございます。詳しくは最寄りの税務署にお尋ねください。
※地方税の控除に関する手続きや控除の仕組みの詳細については、各地方自治体にお問い合わせください。

控除を受けるまでの流れ

  • 領収書を受け取る

    虹色ダイバーシティから領収書を受け取ってください。毎年12月末締めで1年分まとめて郵送します。

  • 確定申告書を作成・提出する

    確定申告書を税務署、または国税庁Webサイトで作成し、 あわせて領収書・源泉徴収票を税務署に提出してください。

  • 還付金を受け取る

    国税還付金として指定の口座に振り込まれます。

法人様からのご寄付の例

虹色ダイバーシティへの寄付金は、【一般枠】と【特別枠】を合わせて年間で下記の計算方法で算出された限度額まで損金算入できます。

資本金等がある法人(会社・組合等)例)資本金:1000万、所得金額:500万

  • 【一般枠】

    1,000万
    資本金等

    × 0.25% +

    500万
    所得金額

    × 2.5%)×1/4 = 3.75万

  • 【特別枠】

    1,000万
    資本金等

    × 0.375% +

    500万
    所得金額

    × 6.25%) ×1/2 = 17.50万

損金算入限度額 : 合計 21.25万

資本金等がない法人(NPO法人等)例)所得金額:500万

  • 【一般枠】

    500万
    所得金額

    × 1.25% = 6.25万

  • 【特別枠】

    500万
    所得金額

    × 1.25% = 31.25万

損金算入限度額 : 合計 37.50万

損金算入手続き

寄附金領収日を含む事業年度の税務申告書提出の際に、申告書に必要事項を記入し、虹色ダイバーシティが発行する「税控除用寄付金領収証」をご添付ください。
※法人の皆様への領収証は、ご寄付いただいてから都度発行いたします。
※領収証の再発行はいたしかねますので、大切に保管ください。

虹色ダイバーシティは、LGBTの声を集めて、
社会を変える活動をしています。

  • 01
    確かなデータ

    学術研究者と連携して
    LGBTの状況を可視化

    累計1万人以上が参加したLGBTと職場環境に関するアンケート調査
    全国自治体パートナーシップ制度件数調べ(渋谷区と協働)
    厚生労働省の調査に協力 など

  • 02
    職場を変える

    大手企業のLGBT施策を後押し

    LGBT施策に取り組む大手企業2014年19.5%→2019年 33.8%(東洋経済CSR調査)
    LGBT研修・コンサルティング 200社以上
    eラーニング・冊子等の教材提供

  • 03
    地域を変える

    現場の声を大事に地域の
    LGBT施策を推進

    2014年から淀川区LGBT支援事業を受託
    大阪府、大阪市、渋谷区、茨城県などのLGBT施策に協力
    大阪マラソンに参加、他の社会課題と連携

代表・理事長村木真紀

多くの人を巻き込み、
より積極的な
アクションを先導します。

職場や行政のLGBT施策は急速に広がっていますが、いまだハラスメントは多く、LGBTの貧困の状況や心身の健康は一般のデータより悪い傾向が続いています。職場や地域によって格差が生じており、それは日本の法整備が遅れていることも要因です。
私たちはこの状況を変えていくことに挑みます。信頼できるデータを積み上げて課題を可視化し、ビジネス領域と行政の施策を推進し、国レベルの法整備を呼びかけます。今を生きるLGBTと家族や友人たちに、くらしの安心と安定を。未来の子どもたちに、より平等で希望の持てる社会を。多くの人の力を集めれば、きっと実現できます。私たちの活動に、是非加わってください。

これからの5年間

私たちはデータとアクションを基盤に、3つの領域を変えていきます。

  • 企業のLGBT施策を広げ
    職場による格差をなくす

  • 行政のLGBT施策を広げ
    地域格差をなくす

  • 婚姻の平等やLGBT平等法などの
    法整備を実現する

  • 寄付者のメッセージ

    もっと明るい未来に希望を持つことができます

    虹色ダイバーシティは誰でも働きやすい、暮らしやすい社会を必死に目指していて、とても感謝しています。応援しているというよりも、私は日々応援してもらっているように感じて、もっと明るい未来に希望を持つことができます。おかげさまで自分もLGBTコミュニティに貢献できるよう、何かの活動をしたいことに目が覚めて、同じように頑張っていきたいと思っています。

    サンニさん

    世の中が変わっていくことを大いに期待しています

    虹色ダイバーシティの活動にはいつも注目し、応援しています。代表の村木さんの「すべての人々が生きやすい社会を作ろう」というビジョンは、今こそ必要ですし、必ず実現したいと私も思っています! そして、強みである「調査活動とその結果のシェア」により、議論が進み、世の中が変わっていくことを大いに期待しています。

    安渕聖司さん|アクサ。ホールディングス・ジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO

    今後も継続して是非活動を応援したいと思います!

    2015年に開催された企業向けセミナーに参加したことから虹色ダイバーシティさんを知りました。職場に関することだけでなく、スポーツにおいてもLGBTQ含む全ての人が楽しめるよう取組まれておられることに感銘を受け、微力ですが応援させていただきたいと思いました。今後も継続して是非活動を応援したいと思います!!

    伊東カナトさん|スポーツトレーナー

    自分が住みたい日本を創るために、これからも応援します

    メディアの記事にいいねをする、シェアをすることも非常に重要で意味のあることですが、私は虹色ダイバーシティが持続的に活動続けていくために寄付という選択肢を選びました。“Every time you spend money, you're casting a vote for the kind of world you want.” という言葉の通り、私のできる範囲で、自分が住みたい日本を創るために、これからも虹色ダイバーシティを応援します。

    高橋佳奈子さん|元インターン、会社員

    応援しています!

    学生だった5年前に虹ダイでインターンをさせてもらい、今は企業で働いています。 今、私が自分らしく働けているのは、LGBTを取り巻く環境が自然と変わったのではなく、虹ダイのように、LGBTの課題に対して、アクションし続けてくれる皆さんのおかげです。 その感謝の気持ちを、寄付という形で少しでも恩返しできたらと思います。応援しています!

    中田さん|会社員

    ダイバーシティ&インクルーシブな社会に向けた活動を応援しています

    性の多様性をはじめとするダイバーシティ&インクルーシブな社会に向けた活動を応援しています。宗教・お寺の社会には、伝統的・保守的な価値観も強く残っています。それぞれが持つ価値観を尊重しつつも、対話を重ね、だれもが生きやすい社会、包摂的な場がすこしでも広く、大きくなるように努力と協力を重ねていきたいと思っています。

    中平了悟さん|浄土真宗本願寺派清光山西正寺住職

    職場のデスクにステッカーを貼っています!

    2019年の大阪マラソンをきかっけに虹色ダイバーシティさんを応援しています。マラソンの練習会などに参加していくうちに活動内容に少しずつ興味が湧いてきて、自分にもできることがあるんじゃないかな。と思うようになりました。ささいなことかもしれませんが、職場のデスクにLGBT&Friends working togetherのステッカーを貼っています。

    はっとりさん|学校教員・教師・特別支援学校教員


    個人として寄付をする

    虹色パートナー
    継続寄付(毎月)

    虹色ダイバーシティの活動を継続的に支えていただく方、そして、より積極的に活動にコミットしていただく方を 虹色パートナー と名付けました。虹色ダイバーシティの活動を支えるパートナーとして、是非私たちの活動にご意見・ご感想をいただけると嬉しいです。

    「虹色パートナー」特典

    ・定期的にメールマガジンをお届け
    ・活動報告書を郵送
    ・虹色ダイバーシティのスタッフに直接声を届けられる虹色パートナー限定ミーティングを開催(ご参加は任意です)

    クレジットカード払いはVISA・MASTERに対応しています。下のボタンをクリックすると、クレジット決済ページへ移動しますので「継続寄付」を選択してください。登録すると、ご指定のクレジットカードより毎月継続して寄付ができます。ご寄付の際にいただいた個人情報は公開されることはありません。

    寄付をする

    ※解約について
    継続寄付はいつでも解約できます。解約の際は、お手数ですが、その他お問い合わせフォームよりご連絡ください。

    自由寄付(1回のみ)

    今回のみの寄付です。

    クレジットカード払いはVISA・MASTERに対応しています。下のボタンをクリックすると、クレジット決済ページへ移動しますので「自由寄付」を選択してください。ご寄付の際にいただいた個人情報は公開されることはありません。

    寄付をする

    クレジットカード・PayPalをご利用頂けない方、または法人の方は銀行振込をご利用ください。金額は任意です。御礼と寄付金控除の書類の送付のため、お手数ですが、お振込後に下のその他お問い合わせフォームより、振込金額・振込日・振込名義人・ご住所・メールアドレスをご連絡ください。

    三菱UFJ銀行

    • 銀行コード0005
    • 支店名十三(じゅうそう)支店 068
    • 口座番号普通預金 0138673
    • 口座名トクテイヒエイリカツドウホウジンニジイロダイバーシティ

    遺贈・相続財産のご寄付

    ご自分やご家族の資産を、より良い社会をつくるために活用したい、とお考えの方は、是非ご相談ください。虹色ダイバーシティは認定NPO法人ですので、税制の優遇があります。不動産のご寄付も可能です。詳細が決まっていない場合も、法務・税務の専門家がご相談に乗りますので、下のその他お問い合わせフォームよりご連絡ください。

    ご自身の遺産(遺贈)によるご寄付

    「遺贈」とは、遺言によってご自身の財産を特定の個人や団体に贈ることです。遺言書において遺贈先に虹色ダイバーシティをご指定いただくことで、ご自身の意思で、任意の金額で、遺贈をすることができます。遺言書の作成にあたっては、LGBTに詳しい弁護士・税理士をご紹介することも可能です。是非ご相談ください。(弁護士・税理士は守秘義務がありますので、ご安心ください)

    相続財産によるご寄付

    ご家族等から相続された財産を、虹色ダイバーシティにそのまま寄付することができます。相続の手続きに関して、LGBTに詳しい弁護士・税理士をご紹介することも可能です。(弁護士・税理士は守秘義務がありますので、ご安心ください)

    虹色ダイバーシティへの遺贈や相続財産のご寄付は、
    相続税の課税対象から外れます

    遺贈、または相続により受け継いだ相続財産を、申告期限(相続開始日から10か月後)までに虹色ダイバーシティにご寄付いただいた場合、その寄付分が非課税となります。遺贈や相続財産のご寄付をお考えの場合は、是非早めに、下のその他お問い合わせフォームよりご相談ください。

    法人の方へのご案内

    団体としての虹色ダイバーシティへのご寄付、NIJI BRIDGEをはじめとする事業を指定してのご寄付・協賛も随時受け付けております。虹色ダイバーシティへのご寄付には税務上の優遇があります
    詳しい資料をお送りいたしますので、関心のある企業の方は、下のその他お問い合わせフォームより、スポンサー資料の請求をお願いいたします。

    スポンサー資料PDF

    虹色ダイバーシティは、SDGsの達成に取り組んでいます

    follow us