お問合せ
お問合せ

私たちは、企業・団体向けのLGBT研修、コンサルティング等を通じて
LGBT等の性的マイノリティが働きやすい職場づくりを支援しているNPO法人です。
LGBTとALLY(同盟者、支援者)のエンパワーメントを通じて
誰もが生きやすい社会づくりを目指します。

Facebook

私たちの取り組み

代表村木の写真

LGBTは人口の5〜8%と言われています。
20人以上の職場なら、その中に1人は存在する位の確率です。
しかし、職場でカミングアウトしている人はまだ少なく
LGBTが抱えている困難も、非常に見えにくい状況です。
誰かの上司、同僚、部下として、共に働いているはずなのに
その場にはいないものとして扱われている当事者たち。
私たちは、LGBT研修やコンサルティングを通じて
LGBTもいきいきと働くことができる職場づくりを目指します。
それは当事者のためだけでなく、チームや職場全体の
生産性の向上にも寄与すると信じています。

代表村木 真紀

ご依頼・お問合せ

虹色ダイバーシティは、日本全国で
企業・行政・大学等でのLGBT研修に講師派遣をしています。
研修内容は、基礎的なものから、現場に即した応用編まで
ご要望に合わせて、オーダーメイドで対応しています。
コンサルティングも原則個別対応になりますので
まずはお気軽にお問い合わせください。

詳しく見る
五十嵐写真

ご支援のお願い

職場を変える、社会を変える。
サポーター大募集!
認定NPO法人化にご協力ください
詳しく見る

虹色ダイバーシティは、LGBTも働きやすい職場づくり、生きやすい社会づくりのために活動している団体です。2012年に設立、2013年に特定非営利活動法人となり、活動5年目を迎えようとしています。学術研究機関とも連携した独自の調査研究を行い、その結果を積極的に情報公開することで、多くの企業や行政の取り組みを支援し、世論形成の後押しをしてきました。現在、大阪と東京に事務所を構え、LGBT当事者であることをオープンにして活動できる常勤スタッフを雇用し、全国で講演活動をしています。

こうした活動をより一層広げるために、現在、認定NPO法人化の申請を進めております。認定NPO法人になると、寄付者は、寄付額に応じて税額控除が受けられるようになります。団体としては、これまで以上に寄付が集めやすくなり、財政基盤の安定につながることを期待しています。

認定NPO法人になるには、平均して年間100人以上の方からご寄付を頂いている実績が必要となります。それは「LGBTも生きやすい社会づくりを応援する人たちが、たくさんいるんだ」ということを見える化することでもあります。是非、私たちのサポーターになって、一緒に社会を変える力になってください!

お寄せいただいたご寄付は、虹色ダイバーシティの運営と調査研究、イベント運営の費用等に充てられます。ご支援いただいたみなさまに、「虹色ダイバーシティをサポートしてよかった」と思っていただけるよう、スタッフ一同、真摯に取り組んでまいります。

 

『虹色ダイバーシティ』の意味

『虹色』は、性的マイノリティのシンボルです。虹の色のような性の多様性を祝福する意味があると言われています。世界各地の性的マイノリティのイベントでも、虹色がテーマカラーに使われています。
また、『ダイバーシティ』とは、英語で「多様性」という意味です。 職場の中に多様な人材がいることが、その職場の強み、そして、豊かさになる、という考え方。日本企業でダイバーシティというと、女性であること、障がいの有無、国籍等が対象になっていましたが、私たちは、そこに性的マイノリティを加えることを提案します。

団体概要を見る
メンバー集合写真

通信販売のご案内

職場におけるLGBT入門職場におけるLGBT対応ワークブック珈琲ドリップバッグ

職場で話題のきっかけになる虹色のオリジナル・グッズ、 「職場におけるLGBT入門」「職場におけるLGBT対応ワークブック」などの研修用資材を販売しております。
クレジットカードやコンビニ決済も可能です。是非ご利用ください。
(大量購入の場合は、別途お見積りいたしますので、個別にお問い合わせください。)