株式会社資生堂 様

資生堂は、社員の行動基準に多様性の尊重を掲げていることに加え、人権を尊重する取引先と取引を行うことを宣言しており、またその文中には性的指向による差別も行わないことを明記しています。

・社員の行動基準である「Our Way

1.私たちは、職場におけるすべての人たちの人格、個性、およびその多様性を尊重し、ともに育ち、育てあうように努めます。
(1)私たちは、人種、皮膚の色、性別、年齢、言語、財産、国籍または出身国、宗教、民族または社会的出身、政治的見解またはその他の見解、障がい、健康状態、性的指向などによるあらゆる差別や虐待、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなどのモラルハラスメントは絶対に行わず、決して許しません。

資生堂グループ各社は、国際的な基準等に従い人権を尊重している取引先と取引を行います。
資生堂グループ各社は、従業員の採用および処遇に関して、人種、皮膚の色、性別、年齢、言語、財産、国籍または出身国、宗教、民族または社会的出身、政治的見解またはその他の見解、障がい、健康状態、性的指向などによるあらゆる差別や虐待、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなどのモラルハラスメントを行わない取引先を支持します。

  • 人事部門がLGBTに関する研修を受講(虹色ダイバーシティにて担当)

  • 「第21回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」に社員有志がボランティア・スタッフとして参加