性的少数者の権利保障について新潟新聞に掲載

新潟新聞に虹色ダイバーシティ村木のコメントが掲載されました。
村木「10年前の状況を考えるとずいぶん環境は改善された。」と歓迎する一方で「権利保障の動きがあるといってもごく一部。年金や健康保険、相続の問題など、普通に生活するために解決しなければならない課題も山積みしており、差別解消法は必須だ。一過性で終わらせないよう当事者自身も声を上げ続けていくことが大切だ。」