性的マイノリティとトイレフォーラム ~安心・快適のトイレ環境を目指して~

性的マイノリティを含む誰もが安心・快適に利用できるトイレ環境とは?
性的マイノリティ当事者、トイレ研究の専門家、トイレメーカーなど、立場を超えた登壇者をお招きし、トイレの未来を語り合う場を作ります。ぜひご参加ください!

・日時:2017年7月9日(日) 13:00開場・13:30開演~17:00終了予定(途中休憩あり)
・場所:港区立男女平等参画センター リーブラホール
(東京都港区芝浦1-16-1みなとパーク芝浦)
*会場にはバリアフリートイレ(だれでもトイレ)がございます
・入場料:無料 ※終了後、懇親会を開催予定(参加費:有料)
・定員:200名(申し込み不要、先着順)
・プログラム(予定、敬称略)
[Session1 13:30-14:25] 性的マイノリティとトイレ
LGBT基礎知識+LGBTトイレアンケート結果報告
村木真紀(虹色ダイバーシティ・代表)
トランスジェンダー当事者の声
遠藤まめた、平尾春華
トランスジェンダーを取り巻く状況の変遷と課題
東優子(大阪府立大学・人間社会システム科学研究科・人間社会学部教授)

[Session 2 14:25-15:05] 日本のトイレの歴史
パブリックトイレの歴史と現状の課題
河村浩(TOTO株式会社)
ユニバーサルトイレの歴史と現状の課題
川内美彦(東洋大学・ライフデザイン学部教授、一般社団法人日本トイレ協会運営委員)

[Session 3 15:20-17:00] 事例から見るトイレの未来
事例紹介
日野晶子(株式会社LIXIL)
西脇資哲(日本マイクロソフト株式会社・エバンジェリスト)
パネルディスカッション、質疑応答
コーディネーター:五十嵐ゆり(虹色ダイバーシティ)