ダイバーシティ経営についてのインタビュー 日本経済新聞に掲載

日本経済新聞の広告特集に虹色ダイバーシティ村木のインタビューが掲載されました。
http://adnet.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=00149
「日本にはLGBTに関するデータがなかったため、国際基督教大学ジェンダー研究センター(CGS)と共同研究で「LGBTに関する職場アンケート」を14年から毎年実施しています。」
「調査結果の中で注目すべき点は、「ハラスメントが少ない職場の方が勤続意欲が高い」「LGBTに対する差別的言動は、当事者の勤続意欲にマイナスの影響」があることが明確に示された点です。」「社内に理解者がいるかどうかは、当事者の心理に大きく影響します。」